1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 概要
  3. 基本理念・目的

基本理念・目的

医学部の基本理念

確固たる使命感と倫理観をもつ医療人を育成し、豊かな想像力と研究能力を養い、人類の健康と福祉の向上につとめ、地域および国際社会に貢献する。

Mission and Core Principles of Mie University Faculty of Medicine

Mie University,School of Medicine aims to raise medical personnel with a steadfast sense of mission and ethical view, and to cultivate in it students and faculties both rich creativity and research capacity. The school will strive for development of human health and welfare and contribute to regional and international society.

医学科では,臨床医学,医学・生物学研究,あるいは公衆衛生の分野で活躍する人材を養成していきます。すなわち,コミュニケーション能力に優れ,幅広い知識と質の高い技術を持って患者中心の医療を実践できる能力,自ら問題を発見し科学的根拠に基づいた思考によって問題を解決できる能力,あるいは地域及び国際社会における健康の増進,疾病の予防に寄与し,人類の保健,繁栄に貢献できる能力を養います。

看護学科では,人間の誕生から死に至るまでの,様々な健康状態にある人達の健康と生活の質の向上にむけた支援ができるよう ,Heart(こころ)・Head(専門知識)・Hand(専門技術)を伸ばす教育を通して,広く保健・医療に携わる看護職者を育成します。そして,倫理観と責任感を備え,協調性のある豊かな人間性と国際的感覚をもち,地域医療・保健に貢献できる看護職者の育成に努めます。

大学院医学系研究科の基本理念

三重大学大学院医学系研究科には、生命医科学専攻(博士)、看護学専攻 博士後期課程、医科学専攻(修士)、看護学専攻 博士前期課程の四つの専攻があります。

医科学専攻(修士)の目的は、「生命科学・医科学の理論と応用の教育・研究により、医学や医療産業に貢献する優れた研究・実践能力を有する人材を育成すること」です。 (1)生命科学や医学の確かな基礎を持つ研究者や、 (2)専門的知識と実践能力を持ち幅広く社会で活躍できる人材、を育てることを目指しています。

看護学専攻 博士前期課程の目的は、「看護学の理論と応用を教育・研究することによって、社会のニーズに沿った保健・医療・福祉の向上に寄与するとともに看護の発展に貢献する高度な専門性を備えた人材を育成する」ことです。看護学専攻では、(1)看護の理論を実践的に活用し、科学的探究方法としての看護研究法を身につけ、科学的・論理的根拠に基づく看護が実践できる、高度な専門性を備えた看護専門職者 (2)専門看護分野における理論や科学的探究方法、倫理観を備えて指導制を発揮できる高度看護実践指導者(専門看護士:CNS)を育成することを目指しています。

生命医科学専攻(博士)の目的は、「生命科学・医科学の理論と応用の教育・研究により、地域及び国際社会において指導性を発揮する人材を養成しかつ優れた研究成果を世界に発信すること」です。 (1)生命医科学や臨床医学の分野で国際的に活躍できる研究者・研究指導者や、(2)高度な専門的知識と能力を持ち、地域や社会に貢献できる医師や医療従事者、あるいは、(3)高度な専門的知識と実践能力を持ち幅広く社会で活躍できる人材、を育てることを目指しています。

看護学専攻 博士後期課程の目的は、「『俯瞰的視野』をもち、他の学問領域等と協議しながら新たな知見を導き出し、地域に根差した独自性豊かな看護学研究成果を生み出すことのできる人を育成し、かつ、優れた研究成果を世界に発信する」ことです。

これらは、三重大学の基本理念・目的に基づいています。

三重大学の基本理念・目的はこちら
http://www.mie-u.ac.jp/profile/guide/ideal.html 別ウインドウで表示