1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 広域看護学領域/ストレス健康科学

講座・研究分野

広域看護学領域

ストレス健康科学

Stress and Health Sciences
  • TEL

    059-231-5095

  • FAX

    059-231-5095

  • URL

    -

  • Email

ストレス健康科学

ストレスとは適応過程であり、適度なストレスは生きていく上で必須とも言えますが、反応の大きさと持続によってあらゆる心身の問題が生じます。よりよい看護実践を行うために患者・家族のストレスは重要な課題であり、看護職者自身のストレスについても探求すべき課題です。ストレスの理解、対処と健康の維持・増進について探求し、看護実践能力の向上を図ります。ライフサイクル各期の女性とその家族を対象として、健康生活上の課題に対して、系統的かつ科学的にアセスメントし援助するための理論と実践力を養います。

  • 教 授

    小森照久

  • 学部担当科目

    精神看護学Ⅰ、精神保健看護論、精神看護学実習、災害看護学、看護学基礎ゼミナール、統合実習Ⅰ・Ⅱ、看護学専門ゼミナール、看護研究方法論、看護研究(卒論)

  • 博士前期課程担当科目

    看護研究法、看護病態機能学Ⅱ、ストレス科学概論、健康科学特論、代替医療概論、代替医療特論

  • 居 室

    新医学棟

研究・教育内容

ストレス健康科学は、ストレス科学概論、健康科学特論と代替医療概論、代替医療特論で構成されています。
ストレス科学概論では、ストレスの意味を心身のさまざまな反応を通して理解し、ストレス反応の大きさや持続によって心身に生じる病態について探求します。さらに、健康科学特論では、健康とは何なのかを、心身のあらゆる側面から探求していきます。
代替医療概論、特論では、ストレスや健康について探求したことを踏まえて、アロマセラピー、漢方医学、サプリメントなどの代替医療について探求し、それらの妥当性や問題点について考察していきます。特に、強調すべき点は、妥当な部分があれば看護実践に取り入れることが有意義ですが、根拠のないことに対して正しく認識する能力を養うことです。
こうした探求の中で、ストレスや健康に関して取り組むべき課題を見出し、深く探求することによって、看護実践能力を高めていくことを目指します。

  • 画像1
    ウルソール酸加工弾性ストッキングによる看護師のストレス軽減
    (アルケア株式会社との共同研究)
  • 画像2
    大豆由来ホスファチジルセリンの高齢者うつ病に対する効果
    (株式会社アヴ・オヴォとの共同研究)
  • 画像3
    熊野古道ウォーキングによるリラックス効果
    (三重TLOとの共同研究)
  • 画像4
    香りの睡眠に対する効果
    (バレリアンの根)

研究業績

  1. Relaxation effect of a 2-hour walk in Kumano-Kodo forest.
    Komori T, Mitsui M, Togashi K, Matsui J, Kato T, Uei D, Shibayama A, Yamato K, Okumura H, Kinoshita F.
    J Neuol Neurosci. 2017; 8:1. doi: 10.21767/2171-6625.1000174.
  2. Stress and health sciences.
    Komori T.
    Electronic J Biol. 2017;S3:1-2.
  3. The significance of proinflammatory cytokines and Th1/ Th2 balance in depression and action of antidepressants.
    Komori T.
    Neuropsychiatry (London) 2017;7(1);57-60.
  4. A preliminary study to investigate relaxation and sleep-inducing effects of Cedrol.
    Komori T, Tamura Y, Mitsui M, Matsui J, Uei D, Aoki S.
    OAJ Sci Technol. 2016;4:doi: 10.11131/2016/101228
  5. The effects of phosphatidylserine and omega-3 fatty acid-containing supplement on late life depression.
    Komori T.
    Ment Illn. 2015; 7(1):5647. doi: 10.4081/mi.2015.5647.
  6. Effects of hand massage with lemon and valerian oil on autonomic nerve activity in depressed and healthy subjects.
    Komori T.
    Int J Essential Oil Therapeutics. 2011;4(3-4):95-100.
  7. Beneficial anti-stress relaxation effects of aromatherapy provided before and after social skill training.
    Komori T, Kageyama M, Koseko T.
    Int J Essential Oil Therapeutics. 2008;2(2):45-49.
  8. The sleep-enhancing effect of valerian inhalation and sleep-shortening effect of lemon inhalation.
    Komori T, Matsumoto T, Motomura E, Shiroyama T.
    Chem Senses. 2007;31(8):731-737.
  9. Prior intraperitoneal injection of rat recombinant IL-6 increases hypothalamic IL-6 contents in subsequent forced swim stressor in rats.
    Matsumoto T, Komori T, Yamamoto M, Shimada Y, Nakagawa M, Shiroyama T, Inui K, Okazaki Y.
    Neuropsychobiology. 2007;54(3):186-194.
  10. Effects of odorants on the hypothalamic-pituitary-adrenal axis and interleukin-6 (IL-6) and IL-6 receptor mRNA expression in rat hypothalamus after restraint stress.
    Komori T, Miyahara S, Yamamoto M, Matsumoto T, Zhang K, Nakagawa M, Nomura S, Motomura E, Shiroyama T, Okazaki Y.
    Chem Senses. 2006;28(9):767-771.