1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 実践看護学領域/がん看護学

講座・研究分野

実践看護学領域

がん看護学

Oncology Nursing
  • TEL

    059-231-5091

  • FAX

    059-231-5091

  • URL

    -

  • Email

がん看護学

がん看護学では、がん患者と家族が抱える身体的・精神的・社会的そしてスピリチュアルな問題をアセスメントし、問題を解決・軽減するための援助を行います。そして困難を乗り越え、今を生きることに新たな意味を見いだせるよう支援します。がんに関する専門知識を基盤に、がん予防から治療にともなう看護、並行する緩和ケア、そして終末期ケアまで、高度な看護を教育・研究しています。また、がん看護専門看護師の育成をしています。

  • 教 授

    辻川真弓

  • 准教授

    坂口(荒木)美和

  • 学部担当科目

    成人看護学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ, 成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ, 統合実習Ⅰ・Ⅱ, 看護研究(卒論), 教養教育科目 他

  • 居 室

    新医学棟

研究・教育内容

がん患者および終末期患者のQOLに関する研究

実存的側面を含むMcGill Quality of Life Questionnaire日本語版を作成し、緩和ケア場面でも利用可能な、がん患者のQOL評価に関する研究を行っています。

統合医療の視点からがん患者のQOLを高める研究

統合医療の視点から、がん治療と並行して、アロマテラピーや温灸などの補完代替療法を行う研究を行っています。

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)に関する研究

がん看護専門看護師が、がん患者と伴走するACP研究をはじめ、一般の人々を対象に健康状態が良い時期からACPを始める取り組みについて研究しています。

人生の終焉を生きる人と家族のスピリチュアルニーズの理解とケアに関する研究

人生の終焉を生きる人と家族のスピリチュアルニーズを、そのときの看護師の関わり方も含めて理解を深め、ケアを研究しています。

死別体験の理解と看護師が行う遺族ケアに関する研究

学際的に行われている遺族ケアの研究を家族看護の視点で研究しています。

  • 画像1
    大学院授業の様子

  • 画像2
    三重県内7病院を結んだ多職種緩和ケアテレビカンファレンス

研究業績

  1. Tsujikawa M, Yokoyama K, Urakawa K, Onishi K..: Reliability and validity of Japanese version of the McGill Quality of Life Questionnaire assessed by application in palliative care wards. Palliat Med. 2009 Oct;23(7):659-64. 2009 Jul 30.
  2. 大西和子, 辻川真弓, 吉田和枝, 後藤姉奈, 町本実保, 大石ふみ子, 山田章子:看護技術としての補完療法活用, 三重看護学誌, 12巻 Page1-6, 2010.
  3. 廣津美恵, 辻川真弓, 大西和子:がん患者・家族の抱える困難の分析 三重県がん相談支援センターにおけるがん患者・家族との面接を通して,三重看護学誌,12巻 Page19-29, 2010.
  4. 坂井田笑子, 大西和子, 辻川真弓:外来化学療法を受けるがん患者のケアプログラム試案の作成 患者の困難や苦悩とニーズに焦点を当てて, 三重看護学誌, 12巻 Page67-80, 2010.
  5. 辻川真弓:【臨床と研究に役立つ緩和ケアのアセスメント・ツール】 QOL 緩和ケア用のQOL尺度(MQOL日本語版), 緩和ケア, 18巻10月増刊, Page66-68, 2008.
  6. 荒木美和,佐々木裕子:家族看護の考え方を遺族ケアに活用する,家族看護,4(2),38-45,2006.
  7. 荒木美和,寿賀真弓,秋山正子:病状の急変で死別した遺族への訪問看護師が行うグリーフケア,日本臨床死生学会誌,8(1),17-25,2003.
  8. 荒木美和,馬場昌子,馬場俊彦:終末期において「名前を呼ばれること」と「名前を呼ぶケア」,愛知医科大学看護学部紀要,1,1‐19,2002