1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 広域看護学領域/地域看護学

講座・研究分野

広域看護学領域

地域看護学

Community Health Nursing
  • TEL

    059-231-5259

  • FAX

    059-231-5259

  • URL

    -

  • Email

精神看護学

地域社会に根差した看護活動を予防的・健康増進的視点から探究することに研究の焦点をあてる。

  • 教 授

    谷村晋

  • 教 授

    西出りつ子

  • 准教授

    水谷真由美

  • 学部担当科目

    公衆衛生看護学Ⅰ、公衆衛生看護学Ⅱ、公衆衛生看護管理論、保健情報統計学、地域保健・疫学、国際看護学、産業保健、学校保健、地域診断学実習、公衆衛生看護学実習、統合実習Ⅰ・Ⅱ、看護学基礎ゼミナール、看護学専門ゼミナール、看護研究方法論、看護研究(卒論)、看護国際コミュニケーション基礎、看護国際コミュニケーション研修

  • 博士前期課程担当科目

    地域看護学対象論、地域看護学援助論、地域保健学特論Ⅰ、地域保健学特論Ⅱ、看護学特別研究、看護理論、看護研究法、看護情報学、国際比較看護論

  • 居 室

    新医学棟

研究・教育内容

地域看護学対象論

個々住民や家族の生活と健康に関する看護学の歴史的背景、発展過程や理論を文献検討により考察する。また、実践に用いる家族看護アセスメントモデルや介入モデルを学ぶことにより個々住民や家族看護介入に必要な理論と具体的技術を修得する。

地域看護学援助論

地域集団の健康課題を明らかにし、課題解決に向けて計画・介入・評価するための理論・モデル・具体的技術について文献を用いながら検討する。さらに、事例を用いながら実践に必要な支援方法を考察する。

地域保健学特論I

地域集団に対して有効かつ合理的な保健政策の策定の基礎となる行政科学の理論と方法を学習するとともに、実例を通して、保健・医療政策の立案から評価に至る過程において、必要な知識・技術を修得する。

地域保健学特論II

地域集団に対して有効かつ合理的な保健政策の策定に必要な調査の理論と方法を学習するとともに、実例を通して、統計調査の企画・実施・評価、データの分析方法などについて、必要な知識・技術を修得する。

研究業績

  1. Homecare protective and risk factors for early childhood caries in Japan. Nishide R, Mizutani M, Tanimura S, Kudo N, Nishii T, Hatashita H. Environ Health Prev Med. 2018 Nov 6;23(1):57. doi: 10.1186/s12199-018-0746-8.
  2. Daily salt intake estimated by overnight urine collections indicates a high cardiovascular disease risk in Thailand. Yokokawa H, Yuasa M, Nedsuwan S, Moolphate S, Fukuda H, Kitajima T, Minematsu K, Tanimura S, Marui E. Asia Pac J Clin Nutr. 2016;25(1):39-45. doi: 10.6133/apjcn.2016.25.1.22.
  3. Model development of healthy-lifestyle behaviors for rural Muslim Indonesians with hypertension: A qualitative study. Mizutani M, Tashiro J, Maftuhah, Sugiarto H, Yulaikhah L, Carbun R. Nurs Health Sci. 2016 Mar;18(1):15-22. doi: 10.1111/nhs.12212.
  4. Association of serum hs-CRP and lipids with obesity in school children in a 12-month follow-up study in Japan. Nishide R, Ando M, Funabashi H, Yoda Y, Nakano M, Shima M. Environ Health Prev Med. 2015 Mar;20(2):116-22. doi: 10.1007/s12199-014-0433-3.
  5. A multi-agent-based model on the ripple effect from school-based interventions to the broader community: An in silico experiment. Tanimura S, Shima M. Journal of International Health. 2014;29(2): 51-58.
  6. Quantitative measurements of inequality in geographic accessibility to pediatric care in Oita Prefecture, Japan: Standardization with complete spatial randomness. Tanimura S, Shima M. BMC Health Serv Res. 2011 Jul 7;11:163. doi: 10.1186/1472-6963-11-163.