1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 看護学専攻博士後期課程/地域看護学分野

講座・研究分野

看護学専攻博士後期課程

地域看護学分野

Community Health Nursing
  • TEL

    059-231-5274

  • FAX

    059-231-5274

  • URL

    -

  • Email

地域看護学分野

地域社会に根差した看護活動を予防的・健康増進的視点から探究することに研究の焦点をあてる。

  • 教 授

    畑下 博世

  • 教 授

    谷村 晋

  • 准教授

    西出 りつ子

  • 担当科目

    地域看護学特論・地域看護学演習・看護研究方法論・後期看護学特別研究

  • 居 室

    -

研究・教育内容

地域看護学特論(畑下・谷村・西出)

地域に生活するあらゆる健康レベル・発達段階にある人々の健康状態と関連要因、地域の健康課題について探求し、看護職の専門的知識と技術、個人・家族・集団への健康予防活動の理論や支援方法、疾病の早期発見と一次予防に向けた健康管理と協働体制、これらシステムの開発や再構築について考究する。さらに、俯瞰的視野での思考力を形成しつつ研究活動に必要な学術的知見を深めて、地域看護・保健学の立場から取り組むべき課題に対する研究動機、背景、意義を明らかにする。

地域看護学演習(畑下・谷村・西出)

地域看護学における取り組むべき研究課題を解決する枠組みについて多面的かつ俯瞰的な視野で精整する。さらに、フィールドワークを通じて研究方法を精緻化し、地域看護・保健の関連フィールドにおいて実施可能な研究方法を明示する。これらにより、地域住民や療養者に対する健康支援に貢献可能な成果を得るための研究推進能力を高める。

後期看護学特別研究(畑下)

地域住民の健康とその関連要因(地域や住民の特性、文化、価値観)、住民ニーズ、制度や体制について科学的根拠をもとに検討する能力を高め、系統的・予測的にとらえた地域住民の健康に対する看護支援方法を探究する研究について指導する。

研究業績

  1. Nishide R, Ando M, Funabashi H, Yoda Y, Nakano M, Shima M. Association of serum hs-CRP and lipids with obesity in school children in a 12-month follow-up study in Japan. Environ Health Prev Med. 2015 Mar;20(2):116-22. doi: 10.1007/s12199-014-0433-3. Epub 2014 Dec 16.
  2. Kawata S, Hatashita H, Kinjo Y. Development of a health literacy scale for women of reproductive age: an examination of reliability and validity in a study of female workers. Nihon Koshu Eisei Zasshi. 2014;61(4):186-96. PubMed PMID:24869995.
  3. Uemura N, Martinez M, Hatashita H. [Healthcare and daily needs of expectant Brazilian women residing in Japan. Analysis of fieldwork conducted during prenatal examinations and home visits]. Nihon Koshu Eisei Zasshi. 2012Oct;59(10):762-70. Japanese. PubMed PMID: 23240548.
  4. Uemura N, Yamada M, Hatashita H, Arino M, Yamashita N, Kakuno F, Saeki K, Kurumatani N. [Day care service offered by public health clinics to psychiatric patients and its future prospect: from the results of a nationwide cross-sectional study following the implementation of the law to assist the handicapped for independent living]. Nihon Koshu Eisei Zasshi. 2011 Dec;58(12):1049-55. Japanese. PubMed PMID: 22518900.
  5. Hatashita H, Hirao K, Brykczynski KA, Anderson ET. Grassroots efforts ofJapanese women to promote services for abused women. Nurs Health Sci. 2006 Sep;8(3):169-74. PubMed PMID: 16911177.
  6. Hatashita H, Brykczynski KA, Anderson ET. Chieko's story: giving voice to survivors of wife abuse. Health Care Women Int. 2006 Apr;27(4):307-23. PubMed PMID: 16595364.
  7. Morita T, Matsumoto H, Ishikawa Y, Hatashita H, Yamazaki H, Yamaguchi S. Nationwide study of environmental assessment for people with schizophrenia in Japan. Nurs Health Sci. 2004 Sep;6(3):181-91. PubMed PMID: 15291766.
  8. Hatashita H, Anderson ET. Public health nurses make a difference: a Japanese rural village benefits. J Community Health Nurs. 2004 Summer;21(2):101-10. PubMed PMID: 15123439.