1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 認知症医療学講座/認知症医療学

講座・研究分野

認知症医療学講座

認知症医療学

Dementia Prevention and Therapeutics
  • TEL

    059-231-6031

  • FAX

    059-231-6031

認知症医療学

認知症患者は人口の高齢化とともに増加の一途を辿り、2025年には700万人を超える見込みです。少子化・核家族化の進む中、老々・認々介護の増加が社会的問題となっており、認知症患者を地域全体で支える体制づくりが急務です。本講座は、国立大学唯一の認知症専門講座として平成22年に設置されました。認知症ネットワークの構築、非薬物療法、人材育成を主たる目的とし、認知症に対する地域医療の底力アップに貢献すべく活動しています。

  • 教 授

    冨本 秀和 (併任)

  • 准教授

    佐藤 正之 (併任)

  • 学部担当科目

    認知症、高次脳機能障害、神経内科学

  • 附属病院診療科

    もの忘れ外来(神経内科専門外来)

  • 居 室

    先端医科学教育研究棟 2階

研究・教育内容

当講座は、神経病態内科学(神経内科学)講座と一体となった活動を行っています。

認知症ネットワークの構築

従来型のネットワークでみられる病診連携パスの設定に加えて、福祉、行政、司法まで包含した、トータルかつ細やかな仕組みを整えていきます。吉丸公子助教が主に携わっています。

かかりつけ医・コメディカル・住民への啓発活動

多職種が参加しての勉強会、市民公開講座などを通して、医療従事者のみならず一般住民に対しても認知症への理解を深めていただけるよう、事業を展開して行きます。

認知症の地域介入研究

三重県の複数の市町で、住民や認知症患者を対象とした音楽を活用した介入を行っています。佐藤准教授が主に携わっています。

その他の研究・活動

認知症診断への神経心理学と画像所見を組み合わせた研究、失語症に対するリハビリの研究を行っております。

画像1
当講座は、三重県医師会と協力して、4つの市・地域で認知症の早期発見・早期受診のための、ITを活用した“出前”スクリーニングを行っています。平成27年度には158名の方が利用し、平均MMSEは24点台と、MCIから軽度認知症の検出に役立ったと考えられます。

研究業績

  1. Sugiura M, Satoh M, Ken-ichi Tabei, Saito T, Mori M, Abe M, Kida H, Maeda M, Sakuma H, Tomimoto H. Detection of low-signal pulvinar areas using diffusion-weighted imaging in patients with dementia experiencing visual hallucinations. Dement Geriatr Cogn Disord-Extra 6: 458-464, 2016, DOI: 10.1159/000449409.
  2. Tabei K, Satoh M, Nakano C, Ito A, Shimoji Y, Kida H, Sakuma H, Tomimoto H. Improved neural processing efficiency in a chronic aphasia patient following melodic intonation therapy: a neuropsychological and functional MRI study. Front Neurol 19 September, 2016, doi: 10.3389/fneur.2016.00148.
  3. Satoh M, Mori C, Matsuda K, Ueda Y, Tabei K, Kida H, Tomimoto H. Improved Necker cube drawing-based assessment battery for constructional apraxia: Mie Constructional Apraxia Scale (MCAS). Dement Geriatr Cogn Disord-Extra 6: 424-436, 2016, DOI: 10.1159/000449245.
  4. Ueda Y, Satoh M, Tabei K, Kida H, Ii Y, Asahi M, Meda M, Sakuma H, Tomimoto H. Neuropsychological features of microbleeds and cortical microinfarct detected by high resolution magnetic resonance imaging. J Alz Dis, 53: 315-325, 2016.
  5. Kida H, Satoh M, Ii Y, Fukuyama H, Maeda M, Tomimoto H. Detection of cerebral amyloid angiopathy by 3T-MRI and amyloid PET in a patient with subcortical ischemic vascular dementia. Psychogeriatrics, Jan 18. Doi: 10.1111/psyg.12187.
  6. Tabei K, Satoh M, Kida H, Kizaki M, Sakuma H, Sakuma H, Tomimoto H. Involvement of the extrageniculate system in the perception of optical illusions: a functional magnetic resonance imaging study. PLoS ONE 10(6): e0128750. 2015. doi:10.1371/journal.pone.0128750.
  7. Masayuki Satoh. Jun-ichi Ogawa, Tomoko Tokita, Noriko Nakaguchi, Koji Nakao, Hirotaka Kida, Hidekazu Tomimoto. The effects of physical exercise with music on cognitive function of elderly people: Mihama-Kiho project. PLOS ONE, April 2014, Volume 9, Issue 4, e95230. doi:10.1371/journal.pone.0095230.