地域・老年看護学講座

059-231-1211(代)※受付を通して各研究室へご連絡ください。

講座紹介

写真

地域看護学では、地域に生活する個人および集団全てを対象とした看護学とその実践を学ぶことを目的とします。
内容としては、地域の特性に応じた住民の健康管理・増進の理論・方法、看護現場・住民への保健情報の伝達方法・内容、国際保健に関する情報学・教育・管理・福祉を教授・研究します。
老年看護学では、高齢者を全人的に理解し、高齢者のあらゆる健康レベルに応じた積極的な健康援助の方法を対象のQOLを向上させる視点と保健・医療・福祉の連携を基に総合的に展開できる基礎的能力を養います。

担当科目

学部担当科目
  • 地域看護学Ⅰ
  • 地域看護学Ⅱ
  • 保健医療福祉行政論
  • 保健情報統計学
  • 地域保健・疫学
  • 国際看護学
  • 災害看護学
  • 産業保健
  • 学校保健
  • 地域診断学実習
  • 地域看護学実習
  • 老年看護学Ⅰ
  • 老年看護学Ⅱ
  • 認知症と看護
  • 老年看護学実習Ⅰ
  • 老年看護学実習Ⅱ
  • 在宅看護論Ⅰ
  • 在宅看護論Ⅱ
  • 看護学ゼミナールⅠ
  • 看護学ゼミナールⅡ
  • 統合実習Ⅰ
  • 統合実習Ⅱ

研究・教育内容

※名前をクリックすると研究者データベースへリンクします。

教授畑下 博世 (地域看護学)
公衆衛生看護学、異文化看護学
教授谷村 晋(地域看護学)
国際保健医療学、空間疫学、保健政策学
教授磯和 勅子(老年看護学)
高齢者地域ケアシステムの構築に関する研究、中高年者への運動による生理心理学的効果に関する研究、ストレスの精神神経免疫学的研究、認知症高齢者の介護システム構築に関する研究
准教授西出 りつ子 (地域看護学) 
公衆衛生看護学、子どもの生活習慣と保護者の養育行動、地域包括ケアとの連携
准教授平松 万由子 (老年看護学)
高齢者の終末期ケアに関する研究、高齢者の在宅ケアに関する研究
助教北川 亜希子 (老年看護学)
施設で生活する高齢者の日常生活を支える看護・在宅で生活する高齢者の看護・看護職間の連携・看護と介護の連携
助教服部 由佳 (老年看護学)
高齢者の看護
助教石本 恭子 (地域看護学) 
公衆衛生看護学
Copyright (C) 2011 School of Nursing Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.