1. 医学科TOP
  2. 教育内容
  3. ディプロマポリシー

ディプロマポリシー




 ・ 社会と人々の健康に貢献するため、豊かな人間性と高い倫理観を涵養する。
 ・ 高度先進医療を実践し、地域医療に貢献するため、医師として必要な探究心、研究心、責任感、自発的態度を獲得する。
 ・ 生涯を通して自らを高めていくため、医科学の進歩に対する対応力を養成する。
 ・ 自立した医療人となるため、積極的に困難や課題に取り組み、科学的根拠に基づいた思考をする態度を身につける。

 ・ 全人的医療を提供する医師となるため、患者の身体的および社会心理的状況を科学的、統合的に評価し、適切に判断できる質の高い技能を修得する。
 ・ 患者満足度の高い医療を提供する医療チームの一員となるため、コミュニケーション力と指導力、協調性を養成する。
 ・ 国際化時代に生きる医師・医学研究者となるため、語学力、交渉能力、異文化理解力、共感力を修得する。

 ・ 医療・医学に対する総合的な視点を確立するため、医学知識を幅広く修得する。
 ・ 新しい知恵を創造できる医師・医学研究者となるため、現代社会と地域社会から求められる保健医療に関する多面的な知識を獲得する。
 ・ 温かみのある医療を実践するため、社会人として幅広い教養を身につける。