1. 医学科TOP
  2. 教育内容
  3. カリキュラムの概要

カリキュラムの概要

先進的な学習で自主性と実践力を高める、充実した6年間

自分で考え、自ら学び、自ら成長できる、本当の実力を備えた医師になるための充実した6年間が送れます。

共通授業科目

少人数教育を取り入れたり、特定テーマによる論文を作成したりとさまざまなセミナーを設け自主的に学習します。そしてまた、専門科目と関連を持ちながら、多くの知識を身につけることができるように、一定の主題に基づいた統合教育科目を用意されています。

初期医学教育科目

1年前期~2年前期では、医学を学ぶための基本姿勢と基礎知識、医学英語を学びます。「患者体験実習」では医師や病院に望まれることを感じ、「医療と社会」、「地域医療実習」では、入学当初から継続的に地域や病院での医療に触れて、医の原点、医師としてのあり方(professionalism)について学びます。「医学英語」では、医学の学習に必須のボキャブラリーと英語による医学的なコミュニケーションの基礎を学びます。

PBL(問題基盤型)チュートリアル教育

3年後期~4年後期では、PBL(問題基盤型)チュートリアル教育が行われます。これは、学生自らが主体となって、少人数グループに分かれ、能動的に医学を学ぶ問題解決型のカリキュラムです。学生7~8人が1グループとなって行われる少人数教育で、教員はチューターとして、学生個人や担当グループの学習を支援します。実際の症例をもとにした学習課題を基盤として、基礎医学から臨床医学にわたる知識を連携づけて身につけます。

研究室研修

3年後期~4年前期では、研究室研修で研究を通して、医学への興味と理解を高めます。各自が基礎系、臨床系の研究課題を持ち、教員の指導のもとに研究を行います。結果は英文または、和文の論文に仕上げます。専門教育科目で学んだ英語力が試される機会であるといえます。また、国内外の学術誌へ投稿することが奨励されています。

臨床実習準備教育

4年では、医療面接(患者とのコミュニケーション・病歴聴取)、基本的身体診察、臨床推論、診療録記載に必要な技術、態度、思考力を習得します。医療面接の実習では標準模擬患者が参加し、基本的身体診察技術の習得にはシミュレーション模型が充実したスキルズラボ(臨床技能実習室)が活用されます。

スキルズラボの紹介はこちら
http://www.skillslab-mit.jp/index.html 別ウインドウで表示

臨床実習(クリニカル・クラークシップ)

5年前期~6年前期では、附属病院及び、教育関係病院において1年半の臨床実習に入ります。従来の見学型臨床実習から脱却した診療参加型臨床実習であるクリニカル・クラークシップ方式を、三重大学医学科では他大学に先駆けて導入しています。医療スタッフの一員として患者さんに接することによって生まれてくるモチベーションを背景に、さまざまな疾患を理解し、実際の治療方法を学んでいくものです。相当なレベルの医療行為や病棟業務を実施します。医師としての責任感を自覚し、患者さんの立場に立った医療を行うことが重要であり、病院スタッフの指導のもとに医療現場で学びます。5年生では基本診療科でのクリニカル・クラークシップ、6年生では内科の専門領域と、海外の医療現場での体験を含む、各自が希望する臨床実習(エレクティブ)を行います。


医学研究にチャレンジしてみませんか

大学は先人の積み重ねてきた膨大な知識を受け継ぎ、後世の若者に伝えるだけではなく、自分で新しい真実を発見する場でもあります。
医学科には、6年間の学部の勉強の空き時間を利用して、大学院の研究生活を先取りしてしまう「新医学専攻コース」があります。研究指導を受ける研究分野の教員や大学院生、同じコースの上級生など、さまざまな人とふれあい親しくなるチャンスにもなります。自分がみつけた研究成果を、国際学会や国際的な科学雑誌に発表してみませんか?
すでに、たくさんの先輩がそれをしてきました。

 
ダウンロード
PDF登録申請用紙 (登録は随時受け付けています。コースに登録を希望する学生は必要事項を記入して、学務課医学科担当に提出してください。)