1. 大学院TOP
  2. 概要
  3. 専攻科長あいさつ

研究科長あいさつ

 平成28年4月から、博士後期課程(看護学専攻)を設置することが認められました。これにより、学士課程・修士課程・博士課程と一貫した看護教育の実現が可能となります。

学術研究を活性化させて看護学を発展させる能力を高めるために、本学は独自の方法や工夫を組み込んだカリキュラムを提供いたします。これにより、俯瞰的視野を身につけ、少子高齢化時代における医師・看護師の不足や偏在などの課題を抱える地域特性に対して、看護学の既存の知見を踏まえた新たな研究成果を生み出すことを目指します。

後期課程修了者には、看護学の質の高い教育・研究者として、または現場の看護実践のリーダー的存在として、それぞれ刺激し合いながら協働して活躍していただくことを期待しております。

今後は、本学が三重県における看護の研究・教育・実践の発展と連携の拠点となり、看護学の発展に貢献できればと考えています。


平成27年11月
医学系研究科看護学専攻 専攻科長  畑下 博世