1. 大学院TOP
  2. 入試情報
  3. アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

三重大学大学院医学系研究科の目的は、「豊かな独創性と使命感を持って医学・看護学を発展させ地域及び国際社会において指導性を発揮する人材を養成すること、さらに、優れた研究成果を世界に発信することによって、人類の健康と福祉に貢献すること」です。それぞれの専攻ごとにアドミッションポリシーを定めています。

こんな人を育てます

生命医科学専攻(博士)の目的は、「生命科学・医科学の理論と応用の教育・研究により、地域及び国際社会において指導性を発揮する人材を養成しかつ優れた研究成果を世界に発信すること」です。
(1)生命医科学や臨床医学の分野で国際的に活躍できる研究者・研究指導者や、(2)高度な専門的知識と能力を持ち、地域や社会に貢献できる医師や医療従事者、あるいは、(3)高度な専門的知識と実践能力を持ち幅広く社会で活躍できる人材、を育てることを目指しています。
医科学専攻(修士)の目的は、「生命科学・医科学の理論と応用の教育・研究により、医学や医療産業に貢献する優れた研究・実践能力を有する人材を育成すること」です。 (1)生命科学や医学の確かな基礎を持つ研究者や、(2)専門的知識と実践能力を持ち幅広く社会で活躍できる人材、を育てることを目指しています。
看護学専攻(博士前期課程)の目的は、「看護学の理論と応用を教育・研究することによって、社会のニーズに沿った保健・医療・福祉の向上に寄与するとともに、看護の発展に貢献する高度な専門性を備えた人材を育成すること」です。
看護学専攻では、(1)看護の理論を実践的に活用し、科学的探究方法としての看護研究法を身につけ、科学的・論理的根拠に基づく看護が実践できる、高度な専門性を備えた看護専門職者 (2)専門看護分野における理論や科学的探究方法、倫理観を備えて指導制を発揮できる高度看護実践指導者(専門看護士:CNS)、を育成することを目指しています。

生命医科学専攻・医科学専攻の基本理念・目標を達成するため、特に以下のような人を求めます。

  • 人間性に優れ倫理観を備えた人。
  • 医学や生命科学に興味を持ち、独創性豊かな人。
  • 積極的に社会に貢献しようとする人。
  • チャレンジ精神に富み困難に立ち向かう意欲のある人。

看護学専攻(博士後期課程)の基本理念・目標を達成するために、特に以下のような人を求めます。

  • 看護学の専門的知識をもち、創造的・論理的思考能力を有する人材
  • 対象や組織、地域における課題を持ち、課題解決に向けて他の学問領域と協議しながら積極的に取り組もうとする人材
  • 豊かな人間性と倫理観をもち、研究的視点から看護課題を解決する意欲のある人材

看護学専攻(博士前期課程)の基本理念・目標を達成するために、特に以下のような人を求めます。

  • 看護の発展に貢献する意思をもつ人
  • 保健・医療・福祉の向上に貢献することを希望する人。
  • 豊かな人間性と高度な専門性を備えた看護専門識者をめざしている人。
  • 科学的・論理的根拠に基づく看護実践力の向上をめざしている人。
三重大学大学院医学系研究科・医学部の全体のアドミッションポリシー
医学系研究科・医学部総合ページのアドミッションポリシーへ 別ウインドウで表示
三重大学が求める学生像・アドミッションポリシーはこちら
http://www.mie-u.ac.jp/exam/admission/admission.html 別ウインドウで表示